HOME > SENSE > MACHINE > 次世代の4翼ヘリコプターが 大人の遊びゴコロを刺激する Parrot AR.Drone 2.0

画像

次世代の4翼ヘリコプターが
大人の遊びゴコロを刺激する
Parrot AR.Drone 2.0

かつてラジコンに夢中になった少年は、やがて冒険・挑戦・貢献をこよなく愛するファウストとなり、人生を謳歌している。その間、様々なデバイスが誕生し、人々の生活に大きな変化をもたらしてきた。以前、当サイトでインタビューを掲載したパロット社創業者/CEOのアンリ・セドゥ 氏も少年のような遊びゴコロを持ち続けながら、これまで誰も想像だにしなかった新しいアイディアを生み出すことのできる人物のひとりだろう。

革新的なワイヤレス関連製品を世に送り出すメーカーとして知られるそのパロット社から、「AR.Drone 2.0」が今夏発売になる。スマートフォンやタブレットで操縦が可能、HDカメラ搭載で飛行中に撮影した映像をオンラインでシェアできるなどこれまでにない新しいフライト体験が楽しめる、次世代のハイテククアッドヘリコプター「AR.Drone」(エイアール・ドローン)に新たな機能が備った最新モデルだ。

From Faust A.G. Channel on [YouTube]

操縦する楽しみを直感的に得ることができるAR.Drone 2.0
★【YouTube:FaustA.G.チャンネル】でもご覧いただけます(スマートフォンの方 はこちらがオススメ)

AR.Drone一番の特徴は、プロのような操縦体験を可能にした直感的操作性だ。内蔵センサーで離着陸がスムーズで、制御アプリケーション「AR.FreeFlight2.0」によりデバイスを傾ければ進行方向の制御ができ、また画面から指を離すと自動ホバリングをスタートする。新モデルの2.0では新たに装備された「宙返り」機能で、アクロバット飛行も楽しむことができる。そして驚くべきは電子制御機能によるその安定性だ。超音波センサーが6mまでの飛行高度を分析、新装備の気圧センサーが垂直方向の安定性を向上させた。
さらに屋内外両方での飛行が可能な2種類のハルを展開。屋外飛行には、風の抵抗を減らし、安定性を高める3色のハル。そして屋内用には、羽根を衝撃から守るためのハルを用意。屋内外それぞれでの飛行の操作性を高めるとともに鮮やかな色味が特徴のカラーバリエーションが嬉しい。

屋外用のハル(オレンジ/黄、オレンジ/緑、オレンジ/青)
屋内飛行には、羽根を衝撃から守るハル
 

フライトHDカメラで美しい画像をキャッチ
仲間と共有するよろこび

フライトHDカメラが、フライト中の高所からの映像を美しい高画質で捉え、パイロットをまるでコックピックで操縦しているかのような感覚へと誘う。撮影した動画や写真は、操縦アプリAR.Free Flight 2.0によりスマートフォンやタブレットに保存ができ、AR Drone Communityなどで共有することができる。さらに近日公開予定のAR Drone Academyは、仲間と出会い、情報交換ができる場となる。 仲間のフライトビデオをチェックしたり、自身のフライトレコード(高さ、スピード、時間、場所など)に簡単にアクセスができる。
抜群の操作性、高画質の撮影を可能にしたフライトHDカメラ、そしてフライト体験を共有するシステムを搭載したAR.Drone 2.0が、永遠のラジコン少年のハートに火を付ける。

Data

Parrot AR.Drone 2.0
2012年6月販売予定
Amazon及び大手家電量販店で販売予定

AR.Droneサポートセンター
Tel:03-3585-6609

アンリ・セドゥ (パロット社創業者/CEO)インタビュー
http://www.faust-ag.jp/sense/people/sense097.php

Back Number

MACHINE

このカテゴリーのインデックス

Page Top


  • ファウスト魂
  • Award Archive
  • Mail News
  • 画像クリックでイメージムービーがSTART

  • ジャストギビング特設